転職する時には自分にとって何が大切か考えておこう

 転職によって勤める会社を変えれば、まったく違う環境の中で仕事ができるようになります。その為、多くの36歳の方が、現在より良い待遇の会社へ転職しているのです。しかし、会社が変わるということは、一から再出発することでもあります。自分のスキルに自信があっても、新しい会社にいる社員に配慮したりしなければなりません。つまり、転職にはメリットだけではなく、デメリットもあるのです。それゆえ、自分が転職によって何を実現したいのかが問題となります。例えば、給与が下がってもいいから早く帰れる職場がいいのなら、勤務時間を最優先にして求人を探すべきでしょう。

<特集>
36歳から転職を考えている方へ
36歳の転職

 全ての希望条件を満たした求人を見つけるのは困難なので、まず自分にとっての優先順位を明確にしておくべきです。だから、転職する時には、現状の棚卸しから始めましょう。なぜ転職したいのかを掘り下げていけば、本当の理由が見つかるはずです。ただし、その理由は、必ずしも転職しなければ解決できないものとは限りません。よくある人間関係の悩みならば、今の職場で自分から改善してみたり、あるいは上司に相談して配置転換をしてもらったりすることをお勧めします。現状に不満があるというだけで安易に転職することは、できるだけ避けましょう。