介護・福祉業界への転職は資格取得の費用と時間の用意を求められます

 介護・福祉業界はどの事業所も人手不足の状態が続いており、転職希望の人であれば求人情報を探すのはそう難しいことではありません。ただし、介護・福祉業界で求められる人材は、ホームヘルパーもしくは介護福祉士の有資格者です。中には資格を持たずに働いている人もいますが、資格を取得せずに働いてる人は全体の1割にも満たず、その多くは経営者か事務を専門とするスタッフです。無資格で働いている人たちの仕事内容は、介護・福祉業界で働いているとはいってもほとんど一般企業と同じ仕事になりますから、無資格での転職となるとよほど優秀な人でないとなかなか良い求人を探すことは難しくなります。

 それならば資格を取って転職しようと考えるところですが、ネックとなるのが時間と費用です。費用の安いホームヘルパー資格の取得でも、民間の専門学校で取得するとなると10万円前後の費用と1週間程度の時間が必要になります。行政が行う資格取得講座の方が費用は安いですが、人気が高いため抽選にほとんどがなってしまいます。介護・福祉業界への転職を考えるのであれば、あらかじめ資格取得のための費用と時間を用意しておかなくてはいけません。資格取得中は当然転職活動はできませんから、スケジュールを計画的に立てて転職活動を進める必要があります。