きものコンサルタントになろう

 最近では海外でも日本の文化が大変な人気となっていることが、たびたび取りざたされていますね。茶道、華道、武道などが象徴的ですが、そんな中できものコンサルタントという資格が生まれました。

産後の主婦にこそおすすめ

 きものコンサルタントとはどういう人のことなのでしょうか? マイナビニュースによれば、女性の美しさ、ライフワークの一つである「きもの文化」の専門家として認知される資格を持つ人であることが分かりました。

 日本の伝統文化の継承、芸術性の探求をし日本だけでなく国際交流を通じて海外でも活躍されることが期待されている人材です。このきものコンサルタント、実は産後の主婦にオススメなのです。その理由は、きものコンサルタントになるには大変長い勉強時間が必要となります。おおよそ二年程度の勉強を経てから受験して、資格取得となりますので勉強してすぐに取れる資格ではないのです。生まれてすぐに赤ちゃんから離れることはなかなか難しい中、あまり外出なども気軽にできないのがお母さんの悩みですし、いつ時間ができるのか分からないですよね。そこで赤ちゃんが寝ている間に勉強するなどして、お子さんが幼稚園に入るころに受験をする、ということも一つの選択肢になるのではないでしょうか。

活動範囲が幅広く選択できる

 きものコンサルタントになれば、活躍の舞台は一挙に広がり海外へ行くこともできますが、地元でひっそりと着付け教室などを開いても良いでしょう。活動の幅の広さがきものコンサルタントの特徴と言えます。産後の空いた時間を有効に使いたいと考えている人は、ぜひきものコンサルタントを目指しましょう。